欧州フット

ご覧頂き有難うございます。 当ブログは世界中に熱狂的なファンを持つフットボール。 その中でも世界最高峰のひとつと言われるプレミアリーグのクラブを中心に、 海外サポーターの反応やリアクションをまとめて書いていくブログです。 是非ご覧ください。※注 管理人はトッテナムサポです。

EL圏内を目指すボーンマス。オウンゴールの不運も有り、アーセナルが打ち勝つ。(海外の反応)

1−2とアーセナルが打ち勝った一戦。

海外の反応やリアクションをまとめました。

 

f:id:rexbnpkrhm:20181126062712j:plain

 

・今日はゲームの入りは本当に良い感じだったけど、Lermaのゴール後はひどくなっていった。後半のほとんどの中盤のコントロールを失った。アーセナルは時間を無駄にし、ムスタフィは怪我をしたが、私たちは後半しっかり守備をする事が出来たし、勝利に値すると思う。

 

アーセナルはうまくいっているが、Xhakaは注意が必要だ。まだ良くなれる。

 

開始ラインナップからエジルを外す理にかなっていない。ムキタリヤンもイウォビもそういう面で信頼出来ない。彼らのパスは途切れ、ボールを奪われることが多い。次の挑戦はトッテナムになるだろう。

 

アーセナルの勝利はボーンマスが我々を追い抜くことを妨げたが、それはUtdにとって悪い結果である。

 

アーセナルは再び悪かった。前半はひどかった。

エメリーは少なくともクラブに運がもたらされたようだから、少なくともそれには感謝しなければならない。

 

エメリーは3点目を取らないといけないと言っている!そのための戦術や具体的なプランはあるだろう?

>ここにいるやつらよりはるかに長く濃い時間をフットボールと歩んてきてるんだ、何か考えがあるだろう。

 

アーセナルは今シーズンの上位4位を本当に目指して進んでいるようだ。これにより、リーグのタイトルに挑戦するチームを構築するEmeryの時間が与えられる。

 

アーセナルは負傷の問題に直面しているが、上手くやっている。ビックシックスの2試合が重要で、通常、強さと戦術的な対立はより強くなる。
選手の個々のパフォーマンスも焦点になります。もちろんそれによって批判に晒される可能性もあるが。

 

・我々アーセナルサポーターは、彼らの能力と可能性をもっと評価しないといけない

 

・私は、選手たちが大きなゲームをすることに興奮し、良い成績で自分自身を発展させ、認識し、自分自身を発展させることが大好きであることを願っています。それはいいプレイヤーがやっていることですし、楽しむことができます。

 

Ozilを絶えず批判している人にとっては、MkhitaryanとそれほどではないIwobiのスキルをスタメンの1人にふさわしいというが、今日の試合を見ても本当にそう思えるか?

 

我々は少しラッキーだったが、ボーンマスでうまくいっている良い中盤のテーブルサイドに対して結果を急ぎすぎて負けるという事は、まさに近年のネガティブなタイプの試合だった。だけど今年のディフェンスは変わりつつあり、エメリと近年のチームとの違いは、我々が倒れたときに我々は崩壊しないということです。近年では、何かが間違っていたときに、こういう風に耐えられるパターンの戦いは決してなかった。そして、エメリは、その場で戦術的な変更をするのを恐れない。Torreira、Iwobi、Kolsanicが大きく力強い試合をしました。

 

私はエメリーを信用しない。

>勝ったのに?なぜ?

 

・結果を出して、しっかり勝ち切ったのに褒める事もせず、批判ばかりしているが何がそんなに不満なんだ?

まだチームは戦術自体も浸透し切っていない過渡期だろう?

 

エメリーは引き継ぎ以来素晴らしい仕事をしてきたと言わなければならない。アーセナルは、昨シーズンと比較して集中力と強さの点で全く異なるチームのように見えます。

 

今日アーセナルを見て - 彼らはラッキーだった。アーセナルにはVARを導入したいチームの一人であるにも関わらず、皮肉にもVARがなかったことに助けられた。VARが導入されていれば、彼らはいくつかの重大な点を落とす可能性が高いでしょう。

 

私はソクラティスとホールディングが今日本当に良かったと思った。ホールディングは本当に堅実なディフェンダーになりました。コシェルニーがうまくいけば、3人のディフェンダーが良い表情になるかもしれません。

ホールディングは攻撃側でも素晴らしいフットワークを見せていた。良いプレーヤー、物理的な速く、巧み。ソクラティスも速くて、フィジカルが強く相手にとっては厄介です。Mustafiはいつもどんな理由でも、常に馬鹿げたミスをして相手を慰めます。

 

今日、ソクラティスはよかった。ホールディングスは今シーズン最も良いディフェンダーでした。彼のプレーは本当にうれしい。

 

ボーンマスウィルソンは優秀なプレーヤーです。Aubemyangとの比較も差がなく危険人物でした。Aubemyangは積み上げてきれいで整然としているが、彼は本質的にターボチャージャーのInzaghiだ。スペースを与えてあげないと。
Mkhitaryanは挫折し続けている。彼は離れて探検し、選手によく走り、スペースを見つけるが、よく引き起こす中盤でのミスは、我々にゲーム全体のコストをかける可能性がある。

 

アーセナルは実際にこのようなゲームを勝ち抜いている。前の年にはポイントを落とした。ここ最近のガナーズの成績を考えれば、この結果はチームにとって肯定的なものだよ。

 

・非常に才能のある、印象的なボーンマスのチームに対してのこの勝利は非常に素晴らしいものです。向こうのチームは貪欲に点を取りに来て素晴らしい仕事をしています。

今週はすべて来週のため。スパーズがチェルシー戦のようにプレーすれば、我々は非常に危険です。誰もが最善を尽くさなければならないだろう。

 

f:id:rexbnpkrhm:20181126071518j:plain

 

以上です。