欧州フット

ご覧頂き有難うございます。 当ブログは世界中に熱狂的なファンを持つフットボール。 その中でも世界最高峰のひとつと言われるプレミアリーグのクラブを中心に、 海外サポーターの反応やリアクションをまとめて書いていくブログです。 是非ご覧ください。※注 管理人はトッテナムサポです。

今日のサッカーイメトレ(先週のマッチアップの得点シーンを振り返る)

<script async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({
google_ad_client: "ca-pub-8686842119474882",
enable_page_level_ads: true
});
</script>

 

今日は先週のアーセナルトッテナムの試合から2−2の同点ゴールとなったオーバメヤンのゴールを振り返ります。

 

f:id:rexbnpkrhm:20181205231216j:plain

まずスタートはこの場面からとします。

ベジェリンがボールを持ったこのシーン

既に右サイドをラカゼットが裏を取り走り込んでおり、パスの選択肢はオバメヤン、トレイラ、ラカゼットとパスコースは空いております。

(どれがどの選手かわかりにくくなってしまっています。次はちゃんと書きます囧rz)

ベジェリンが選択したのはトレイラでした。

 

f:id:rexbnpkrhm:20181205231721j:plain

トッテナムとしては裏を取られてしまっていて、後手に回るまずい展開。

結局速いパスがトレイラの足元に収まり

f:id:rexbnpkrhm:20181205231821j:plain

シュートもいけるし、ラカゼットへの展開もできる。相手のディフェンスと同数のため、選択肢が多い状況が続きます。

 

トレイラのチョイスは

youtu.be

 

中のオーバメヤンをチョイスしました。

この時オーバメヤン

f:id:rexbnpkrhm:20181206225112j:plain

裏へ抜けると見せかけて、マイナスに動き直す動き(若干パスがずれた感はありましたが)が決め手だったと思います。

 

細かく選手の動きを見ていくと面白いです。