欧州フット

ご覧頂き有難うございます。 当ブログは世界中に熱狂的なファンを持つフットボール。 その中でも世界最高峰のひとつと言われるプレミアリーグのクラブを中心に、 海外サポーターの反応やリアクションをまとめて書いていくブログです。 是非ご覧ください。※注 管理人はトッテナムサポです。

日本代表岡崎所属 トッテナム対レスターの試合後の反応。ソンフンミンとアリのゴールでトッテナムがレスターを打ち負かす。

以下反応をまとめました。

f:id:rexbnpkrhm:20181210003554j:plain

 

 

タイトル獲得はおそらく難しいが、スパーズはうまくやっている。

 

・シティの独走によりシーズンがタイトル競争を失ったことが今のものだと言っている間に、気づけばリヴァプールが首位に。スパーズにタイトル争いに肉薄している。

 

・Deleは再び輝かしく、本当にすべてを持っている。ソンはいつも、生き生きとして楽しんでいる。スパーズの目標はかなり素晴らしいと思いました。

 

・ソンのカットインはロッベンを思わせたよ。彼は右利きにも関わらずね。ソンはピッチの両サイドでそれを行うことができる。素晴らしい精度の足。

 

ウィンクスは低重心、速いフィード、パスの目となり、

 

・このチームのすべてを永遠に稼働させる事が出来ると思う。中心となって動けていた。Sissokoも再び強くなりました。

 

・Deleは本当に良いフォームを見ていますが、コントロールのいくつかは、ちょっとミスをしてしまっていたね。彼らは常に生産的なわけではありませんが、せまいエリアでアリを防ぐのは非常に難しいと思う。アリからしても本当に難しい仕事だったし、たくさんのエリアをカバーする必要があったし、常に反対のペナルティエリアの周りを創造しようと努力していた。

 

・Dele、WinksとSissokoの努力のおかげで、レスターは自身たちの落ち着ける足場を得ることができなかった。

 

マンチェスター・ユナイテッドは1月にエリクセン、ケイン、そしてアリを獲得しようとするべきだ。そして、来年の夏、ポチェッティーノを監督として迎えてください。もしスパーズが大きな騒ぎをするなら、サンチェス、ルカク、ポグバを送ってあげましょう

 

・↑スパーズサポーターに返品されてしまう・・・

 

スパーズは「タイトルトレース」にはいない。私は70年代後半から彼らを見てきましたが、確かに最も才能のある精力的なチームですが、私はこれまでにリーグで優勝できないことを目の当たりにしています。

 

・↑今までの事と現在とは無関係だと思うよ。

 

・↑選手たちは先を見ているのに、サポーターばかりが過去を気にする。選手も監督も主流なサッカーも変化しているのだから、それを受け入れ、チーム状況も一緒に受け入れなければならない。

 

・ソンフンミンはシーズンへのスタートが遅かったのでほとんど得点を出来ていないが、最近数週間で彼はトップフォームに入っている...私はそれが真実である事を信じている。したがって、スロースタートで調子がよくなかった事についてはとっくに忘れています。

 

・ソンフンミンは兵役免除の為のアジアの大会など、季節の始まりに何かもっと重要なことをしました。それを勝ちきってチームjに戻ってきてくれたソンフンミンが大好きです。これからもチームへの貢献に期待しています。

 

 

以上です。岡崎は後半38分から出場しましたが、とりわけアピールも出来ずに終わってしまいました。

さてスパーズはチャンピオンズリーグバルセロナ戦が控えています。決勝トーナメントに行けるかどうかの大切な試合です。

とても楽しみです。