欧州フット

ご覧頂き有難うございます。 当ブログは世界中に熱狂的なファンを持つフットボール。 その中でも世界最高峰のひとつと言われるプレミアリーグのクラブを中心に、 海外サポーターの反応やリアクションをまとめて書いていくブログです。 是非ご覧ください。※注 管理人はトッテナムサポです。

3分で分かる鎌田大地 シント=トロイデンでブレークを果たした鎌田のプレースタイルとは

 

 

鎌田って誰?

  • 名前:鎌田 大地
  • ポジション:MF
  • 国籍:日本
  • 年齢:22歳
  • 身長/体重:180cm/72kg
  • 背番号:15

f:id:rexbnpkrhm:20181214215212j:plain

※フォーメーションが4−3−3や5−3−2を使い分けているので、5−3−2で表記しています。

 

プレースタイルは?

細かいタッチのドリブルで相手との間合いの取り方が上手い選手です。

前記事で紹介したウセム・アウアル選手の様なテクニックを駆使して相手を抜き去るタイプのドリブルではなく、シンプルなフェイクで相手を欺きます。
あまり状態が表情に出るタイプではないので、相手が動きを読みづらいのもひとつの特徴でしょう。

 

ちなみに日本にいる際はドリブルよりもパサーというイメージが強く、パスで試合をコントロールし、ギリギリのところへパスを出すのが非常に上手い選手というイメージでした。

 

某や◯っちFCでサガン鳥栖の豊田選手が、鎌田のパスに追いつけなかった時に

「もっと早く走ったら間に合ったでしょ」

と言われたと語っっていました。

肝も座っているんですね。

 

強みは?

パスも出す事が出来る上に、得点能力が磨かれた事で、Jリーグサガン鳥栖に在籍している時よりも選択肢が増え、それに加え自信を持ってプレーを選択出来ている様に見えます。

彼は現在の調子の良さからベルギーでは「ボックス内の悪魔」とまで呼ばれており、今シーズンはすでに12試合で10得点と大爆発しています。

この得点ペースはメッシよりもハイペースなんだとか。

得点ランキングで2位につけており、Jリーグ時代の鎌田を知る方からすれば、アシストでのランクインではなく得点でのランクインというのは意外かもしれません。

身長もあり、冷静に周りを見て使える選手ですので、ステップアップをして周りのレベルが上がった時にも対応出来るのも強みに入るかと思います。

 

弱点は?

長谷部所属のフランクフルトに在籍している時は海外初挑戦という事もあってか、フィジカル面での不安を露呈していました。

が、現在はそういった部分での不安はないように思います。
ただ体格的にはそこまで筋肉がついたという感じではないので、ベルギーとドイツのフィジカル面での当たりの違いもあるのかもしれません。

 

 

まとめ

ここまで活躍してくると気になってくるのが他クラブからの興味や移籍の噂ですが、
現在冬の移籍市場での噂はない様です。
所有権自体はシントトロイデンではなく、レンタル元のフランクフルトが持っているとの事なので、これだけの活躍があれば、フランクフルトが呼び戻すか、もしくは他クラブに売却する事も考えられますね。

ただこれだけ馴染んでいるチームですので、しばらくは腰を落ち着けて活躍して欲しいです。

 

f:id:rexbnpkrhm:20181214221443p:plain