欧州フット

ご覧頂き有難うございます。 当ブログは世界中に熱狂的なファンを持つフットボール。 その中でも世界最高峰のひとつと言われるプレミアリーグのクラブを中心に、 海外サポーターの反応やリアクションをまとめて書いていくブログです。 是非ご覧ください。※注 管理人はトッテナムサポです。

3分で分かるフォイス(Foyth) プレースタイルは?我慢の時期が続くアルゼンチンの新鋭ディフェンダー

 

フォイスって?

 

  • 名前:ファン・マルコス・フォイス
  • ポジション:CB
  • 年齢:20歳
  • 身長:190CM
  • 利き足:右
  • 背番号:21

f:id:rexbnpkrhm:20181217232811j:plain

プレースタイルは?

 ゴール前でへばりついたり、無駄に前線まで上がったりすることはありません。

まだ試合数も少ないのでこれから注目していきたいと思っています。

ここまでの試合内容を見ると、ヴェルトンゲンの後継者かな・・・という印象です。落ち着いてポーカーフェイスに対応しています。

 

強みは?

見ていて分かるのは圧倒的にサッカーIQというかインテリジェンスの高さを感じます。

相手がいやなポジション取りをし、ジャンプの瞬間に体を当てて、良い態勢ではヘディングシュートをさせない等、若いながらも相手を抑える為の工夫が随所に見られます。

そして無視出来ないのが足の速さと縦パスの精度。同じチームにスピード自慢のディフェンダーであるダビンソン・サンチェスがおり、縦パスの精度の高いヴェルトンゲンがいますので、そこを非常に意識している様な印象を受けます。

 

弱みは?

・フィジカル

・判断能力

まずはフィジカル。これに関しては強みとも表裏一体の部分はあるかもしれませんが、速い分、ひょろいです。

21歳と若く、まだ身体が出来上がってないのも大きく影響はしているんでしょうが、190cmという高身長としてはとても線が細い。
ただこれはだからこそ速さがあるとも言えるので、良し悪しでしょうね。
今日のプレミアリーグは足の速いフォワードが非常に多いですし、足が早くて当たり前という風潮になってきておりますので、必要な要素ではあるのですが、
プレミアリーグの屈強なセンターフォワードディフェンダー達と競り合えるフィジカルでは"まだ"ないです。

次に判断能力

セーフティにいく場面と危険を冒し攻めていく場面。こういった部分の判断能力が物足りない印象。これはもう試合にたくさん出て経験していくしかないですよね。
ゲームの流れを読む能力という意味では同チームのエリクセンが非常に優れているので、学習していって欲しいです。

 

まとめ

・伸びしろ充分

・速さが有り、パス精度の高いディフェンダー

・判断能力の伸び次第ではブレークの予感

・フィジカルはもう少し欲しい。

 

以上、フォイスのプレースタイルについてでした。

 

f:id:rexbnpkrhm:20181214221443p:plain