欧州フット

ご覧頂き有難うございます。 当ブログは世界中に熱狂的なファンを持つフットボール。 その中でも世界最高峰のひとつと言われるプレミアリーグのクラブを中心に、 海外サポーターの反応やリアクションをまとめて書いていくブログです。 是非ご覧ください。※注 管理人はトッテナムサポです。

3分で分かるエリクセン(Eriksen) プレースタイルは? プレミアリーグ屈指の司令塔

<script async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({
google_ad_client: "ca-pub-8686842119474882",
enable_page_level_ads: true
});
</script>

 

エリクセンって?

f:id:rexbnpkrhm:20181219231207j:plain

 

プレースタイルは?

多彩な種類のキックと正確無比なパスでアシストを量産します。

試合の流れを読む力もありますので、リズムを作ることも出来、全てのチャンスにエリクセンが絡んでいると言っても言い過ぎではないくらいの中心選手です。

試合中、エリクセンに注目していると面白いのですが、これでもかという位に首振りをしています。

これは一流選手が皆、癖のように行っていることですが、これをすることでコンマ何秒単位で刻一刻と変わっていく状況をいち早く把握しています。
この動作が試合を先読む力を増長させています。

エリクセンの技術は全て基礎に裏付けされています。確かにフィジカル的には軽いですが、エリクセンはスピード、技術、優れたポジショニングでこれを補っています。

 

長所は?

・スペースや広い狭い問わず決定的なパスが出来ます
・ゲームを読む力と洞察力ももちろん長所。
どのプレーも冷静に簡単そうにこなすので、時折簡単なプレーばかり選択しているように見えますが、実はボールの回転やバウンド数などにもこだわってパスを出しているそうです。

 

・正確無比なフリーキック

相手にとってはエリクセンがボールを持つだけで、トッテナムにリズムが出てきてしまうので、嫌な選手です。

そしてそういう選手は得てしてスタミナに問題を抱えがちですが、エリクセンに関しては一試合同じペースで走りきります。スタミナに関しても問題なしどころかプレミアリーグでもトップの走行距離を毎試合記録しています。

 

・決定力

前節のバーンリー戦でもロスタイムにゴールをした様にここぞという時に決める決定力も備えています。
ほとんどミスパスもミスシュートもしない。

ミスが極端に少ない完成された選手。それがエリクセンです。

 

弱点は?

・フィジカル

彼の長所で補って余りあるので、特に弱点とも言えないでしょう。フィジカルが求められるポジションでもありません。

 

まとめ

・高精度のキック

・決定力

・洞察力、試合を読む眼

・走行距離

ほぼ弱点のない選手。

サッカー選手はミスの少ない選手程一流と言われますが、エリクセンに関してはミスが極端に少ない。観戦者が分かるようなミスはしていないと思います。
トッテナムに欠かせない司令塔です。

以上エリクセンのプレースタイルについてでした。

一緒にこちらもどうぞ

 

www.football-europe-blog.com

 

f:id:rexbnpkrhm:20181214073000p:plain