欧州フット

ご覧頂き有難うございます。 当ブログは世界中に熱狂的なファンを持つフットボール。 その中でも世界最高峰のひとつと言われるプレミアリーグのクラブを中心に、 海外サポーターの反応やリアクションをまとめて書いていくブログです。 是非ご覧ください。※注 管理人はトッテナムサポです。

3分で分かるソン・フンミン プレースタイルは?プレミアリーグ屈指の点取り屋兼何でも屋

<script async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({
google_ad_client: "ca-pub-8686842119474882",
enable_page_level_ads: true
});
</script>

 

ソン・フンミンって?

 

  • 名前:ソン・フンミン
  • ポジション:WG・MF・FW
  • 背番号:7番
  • 年齢:26歳
  • 身長/体重:183cm/77kg
  • 国籍:韓国
  • 利き足:右

 

f:id:rexbnpkrhm:20181219231044j:plain

プレースタイルは?

左サイドでボールを持ち、ドリブルで仕掛けてカットインしてからのシュートを得意としています。
ハリー・ケインが怪我や休養の為、出られない時はソン・フンミンが代わりにワントップに入る事が多く、FWで出ることもあります。

強みは?
・シュートが巧い。
上手いではなく巧い。相手の裏をつくシュートやキーパーとの駆け引きが非常に上手く、ディフェンダーがいる状態でもその要素を駆け引きに使うインテリジェンスも持ち合わせています。
元日本代表の戸田さんが解説で語っていましたが、シュートの巧さはチームでも頭ひとつ抜けていて、トッテナム・ホットスパーではハリー・ケインかソン・フンミンのどちらかだと言われている様です。
チームメイトもソン・フンミンがシュートを打つ事が確率が高いので、外したとしても誰も文句は言わないそうです。

・ドリブル
チェルシー戦での単独突破でのゴールが記憶に新しいと思いますが、テクニックに頼らないシンプルな緩急とスピードで抜いていきます。
前述した様にシュート精度が非常に高いので、ドリブルで射程圏内まで運ばれ、精度の高い一撃を沈められます。だからと言って、ディフェンダーが下手につっかけると抜かれピンチを招くので、うかつに飛び込めない選手です。
・左足
ソン・フンミンと言えば逆足でも高いシュート精度を誇る事で有名です。なんでも韓国の自宅にペナルティエリアと同じ大きさのコートがあり、クラブチームに入団するまでは、お父さんと一緒にずっとシュート練習をしていて、左足でのシュートも求められていたようです。それが今に活かされているんですね。

 

弱点は?

特になし!
アジアの選手にありがちなフィジカルの弱さもありません。シュートが巧いからと言ってパスが雑な訳でもありません。ディフェンスの意識も高く前線からのチェイシングもサボりません。前線からの守備と言えば日本代表の岡崎選手の得意分野ですが、トッテナムは前線からのチェイシングが徹底されているチームですので、質自体は岡崎選手を凌ぐでしょう。つまる所ディフェンス意識も非常に高いのです。
強いていえば、キーパーとの一対一をたまに外します。ですが、
そんなの決めるか!?
というようなゴールを平気で決めるので、そんな事忘れてしまうんです。

 

まとめ


・シュートが巧い
・ドリブルが巧い
・パスも巧い
・ディフェンスも巧い


弱点なし。ソン・フンミンが消えている試合がないのが何よりもそれを示していると言えます。
同じアジア人としてプレミアリーグで通用するどころかトップクラスで活躍しているソン・フンミン。これからまだまだ点を量産してくれる事でしょう。

 

f:id:rexbnpkrhm:20181214221443p:plain