欧州フット

ご覧頂き有難うございます。 当ブログは世界中に熱狂的なファンを持つフットボール。 その中でも世界最高峰のひとつと言われるプレミアリーグのクラブを中心に、 海外サポーターの反応やリアクションをまとめて書いていくブログです。 是非ご覧ください。※注 管理人はトッテナムサポです。

3分で分かるカイル・ウォーカーピーターズ プレースタイルは?U-20ワールドカップ優勝右サイドのスピードスター

カイル・ウォーカーピーターズって?

  • 名前:カイル・レオナーダス・ウォーカー=ピータース(Kyle Leonardus Walker-Peters)
  • ポジション:DF(右SB)
  • 年齢:21歳
  • 身長:173
  • 背番号:15
  • 利き足:右
  • 国籍:イングランド

※元トッテナムで現マンチェスターシティのカイル・ウォーカーとは何の関係もありません。

f:id:rexbnpkrhm:20181228061044j:plain

 

プレースタイルは?


攻撃が好きな選手ですが、トッテナムのディフェンスラインはしっかりと統率されており、無茶に攻め上がることはしません。相手のウィンガーとマッチアップする事が多いポジションで、そのスピードで相手を封じます。
相手を押し込む際は攻め上がり攻撃に転じますが、漫然と上がるのではなく、中盤とパス交換をしながら攻めていきます。

強みは?


・スピード
何度もオーバーラップを繰り返し相手の脅威であり続けます。中盤との連携も取れる選手ですので、カイル・ウォーカーピーターズだけを捕まえていてもワンツーパス等でかわされてしまいます。中盤からスペースの良い位置へ出てしまうと、追いつく事は難しくなるほどのスピードを持っています。

・カットイン
カイル・ウォーカーピーターズは両足を自由に使えますので、右サイドバックにありがちな駆け上がってクロスのみではなく、カットインして内側に切り込み、左足でパス・クロスとパターンを多く持っています。

・クロス
キラークロスとも呼ぶべき相手の意表を突くパス精度とクロス精度を持っています。
難しいダイレクトでの折返しのパスも相手の打ちやすいボールを供給する事が出来ますので、セットプレーを蹴らせても面白いかもしれません。

弱みは?


・身長
プレミアリーグというフィジカルの強度が求められるリーグにあってカイル・ウォーカーピーターズは線も細く、身長も低い。空中戦で戦うのは厳しいでしょう。
相手にそこをフライパスを狙われれば、確実にボールを相手に明け渡してしまいます。

まとめ


・スピードスター
・逆足精度が高い
・クロス
・空中戦では勝ちづらい

以上、カイル・ウォーカーピーターズについてでした。