欧州フット

ご覧頂き有難うございます。 当ブログは世界中に熱狂的なファンを持つフットボール。 その中でも世界最高峰のひとつと言われるプレミアリーグのクラブを中心に、 海外サポーターの反応やリアクションをまとめて書いていくブログです。 是非ご覧ください。※注 管理人はトッテナムサポです。

3分で分かるムサ・シソコ プレースタイルは?中盤を制圧するフィジカルモンスター

 ムサ・シソコって?

  • 名前:ムサ・シソコMoussa Sissoko)
  • ポジション:MF
  • 年齢:29歳
  • 身長/体重:187cm/83Kg
  • 背番号:17
  • 利き足:右
  • 国籍:フランス

f:id:rexbnpkrhm:20181225072216j:plain

プレースタイルは?

プレースタイルは強靭なフィジカルを駆使して中盤の底を締めます。
最近では中盤をハリーウィンクスと組む事が多く、この選手は線が細い反面パスやタッチに強みを持つ選手ですので、補い合う形でフィジカルの強いシソコと組む事が多いです。
サイドバックであるトリッピアーとの相性も良く、トリッピアーが駆け上がった右サイドのエリアをカバーするのも彼の役目です。

強みは?

・フィジカル

ここに最も強さを見出す事が出来る選手です。プレミアリーグという肉弾戦や走り回る事に観客が喜びを感じるリーグにあって、非常に好戦的な一対一を挑む選手です。
当たり負けをする事が基本的にありませんので、ディフェンスラインの前のストッパー的役割も担っています。

・運動量

左エリアを相方の中盤、ムサ・シソコは右エリアをカバーします。右サイドバックは基本的にトリッピアーかオーリエ。両者とも積極的な攻め上がりを武器にする選手ですので、そこで上がった穴をカバーするのもムサ・シソコの役目です。
その為、相手のボックス付近までは上がる事はあっても、ペナルティーエリア内への侵入は比較的少なめです。ただそうはいってもぽっかり空いた右サイドを埋める大変な仕事です。それをカバー出来ているのは彼の運動量によるところが大きいのです。

・カバーエリアの広さ

前述と似ておりますが、運動力の多さゆえ自身の任されているエリアは徹底的にカバーする事が出来ます。
その辺の危機管理能力についても優れています。

・タックル

その見た目からスピード自体がそこまで有るように見えないのですが、実は瞬発的なスピードはなかなかのものを持っております。その為、相手に抜かれてもすぐ追いつき取り返す事が出来ますし、相手との間合いの詰め方も上手く、取りどころを熟知していますので、完全に抜き去る事が難しい、隙のないディフェンスをする選手です。

 

弱点は?

・パス能力、精度

低レベルとは言えませんが、デレ・アリ、ケイン、ソン、エリクセン、トリッピアー、ハリーウィンクスといったパスの上手い選手がずらずらと並んでいる中で、ムサ・シソコのパス能力を見比べると低く感じてしまいます。
少しずれるなどではなく、攻撃のスピードが緩んでしまうパスを出す場面も多々ありますので、そこに改善の余地はあるでしょう。

 

まとめ

・運動量含むフィジカル面でのアドバンテージの活かし方が非常に上手い

・ボール奪取能力も中盤の選手の中では随一

・奪取後のパスの選択、精度は改善要

ムサ・シソコニューカッスル時代から一人だけ違ったレベルにいた選手ですが、その特徴を活かしきれているといえると思います。
弱点であるパス自体も2センター(ダブルボランチ)であれば片方にパスが上手い選手を置けば良い訳ですから、そこを補い合えば良いだけの話。
その場合後ろのディフェンスの選手にもパス能力が有ればなお良し。というところですが、トッテナムのCB陣は全員パスも出せるので、そこも問題なしですね

 

以上、ムサ・シソコについてでした。